仁淀川酔滸伝
   仁淀川を中心に夜な夜な宴会を繰り広げているキャンプ中毒?集団の隊長の日記だニャ~
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いっけん

  • Author:いっけん
  • 中学生の頃に オレンジ色の三角テントでキャンプを体験し野外生活の素晴らしさに目覚め、いまだに一年中 仁淀川を中心にキャンプや釣りや色々と面白い事を楽しんでいる おやぢ です

    気の合った仲間と一緒にワイワイ言いながら美味い物を食べたり旨い酒を飲んで、キャンプをするのが大好き

    食べ物は特に麺類が好きで、一日一回麺類を食べなければ何か、損をしたように感じてしまう麺類依存症候群の症状が出てからはや30数年・・・・・・・・

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問履歴

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

 たも屋   釜玉うどん


久々の釜玉・・・・・・・卵の半熟状態がポイント 生すぎても堅く固まってもダメ!


炊き立てご飯で卵かけご飯にしたときのあの加減・・・・・・・・やっぱり美味いな~!




釜玉(かまたま)うどん    釜揚げ卵うどんが正式名称。

綾歌郡内のうどん店(山越)を発祥とする食べ方。製麺所「山越」の近くにある役場の職員が、
昼にうどんを食べに来る際に自分で生卵を持ってきて絡めて食べたのが始まりであるという。
釜から揚げて湯を切った熱い麺に生卵を割り入れて薬味を加え、生醤油もしくはダシ醤油を垂らし、かき混ぜる。
ぬめりの残る麺にその熱で半熟となった卵がからみ、独特の食味を持つ。
セルフうどん店のメニューにも登場するなど、近年各地に広まりつつある。            
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より



スポンサーサイト

うどん | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2006/11/15(水) 13:09)

<<またも屋  かけうどん | ホーム | 愉楽屋   肉盛り放題うどん>>

コメント
  なちよん さん こんにちは
卵かけごはん
簡単で美味しいので
私も大好きです
URL | いっけん #- | 2006/11/16(木) 13:26 [ 編集 ]

  ひまわり さん こんにちは
丼の中で卵をかき混ぜて
釜から直接入れて混ぜます

卵黄だけの時もあります
URL | いっけん #- | 2006/11/16(木) 13:25 [ 編集 ]

  アナキョンジャ さん はじめまして
最近は冷凍うどんや半乾麺も
すごく美味しい物が出てますので
便利になりました

全卵では半熟になりにくいので
卵黄だけで作ることもあります

今後とも宜しくお願いします
URL | いっけん #- | 2006/11/16(木) 13:23 [ 編集 ]

 
釜玉、おいしいですよね。
大好き。
そして、炊き立てご飯の卵かけご飯も大好き。
想像したら、お腹すいてきました。
明日の朝はこれに決まりです。
URL | なちよん #- | 2006/11/15(水) 23:15 [ 編集 ]

 
あたし、釜玉って注文したことなかった。
黄身がのっかってるものだと思ったけど
ほぐしたのが乗ってるのね…。
URL | ひまわり #- | 2006/11/15(水) 20:46 [ 編集 ]

  はじめまして~
ちょっと前から密かに拝見していたのですが、今日はどうしてもコメントがしたくて!
私も、釜玉、大好きです!

私は通販で讃岐うどんを買っていて、週末のブランチは大抵讃岐うどんです。
中でも、作るのが簡単で美味しい釜玉は大好きです~。
卵1個だと、ちょっと多いですよね?半個くらいがちょうど良いですかね。

いつか四国に行って、本場の讃岐うどんを食べてみたいです。
製麺所の軒先で!
URL | アナキョンジャ #- | 2006/11/15(水) 20:13 [ 編集 ]

  そらぱぱ さん こんにちは
釜玉はもう全国区でしょうね!

立派に一つのメニューになりましたね!
URL | いっけん #- | 2006/11/15(水) 16:14 [ 編集 ]

  出た!
誰にも人気の卵かけご飯のうどんバージョン。

最近は有名になりましたね。
東京の人に送ったら、「大好物です!」って喜んでました。
東京の人なのに知ってたん、釜玉のこと?
こちらがびっくりしました。

はなまる効果でしょうか?

URL | そらぱぱ #- | 2006/11/15(水) 15:03 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mnm35661.blog6.fc2.com/tb.php/673-35a45cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 仁淀川酔滸伝 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア