仁淀川酔滸伝
   仁淀川を中心に夜な夜な宴会を繰り広げているキャンプ中毒?集団の隊長の日記だニャ~
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いっけん

  • Author:いっけん
  • 中学生の頃に オレンジ色の三角テントでキャンプを体験し野外生活の素晴らしさに目覚め、いまだに一年中 仁淀川を中心にキャンプや釣りや色々と面白い事を楽しんでいる おやぢ です

    気の合った仲間と一緒にワイワイ言いながら美味い物を食べたり旨い酒を飲んで、キャンプをするのが大好き

    食べ物は特に麺類が好きで、一日一回麺類を食べなければ何か、損をしたように感じてしまう麺類依存症候群の症状が出てからはや30数年・・・・・・・・

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問履歴

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

 紅葉の竹林寺





ブログランキングに参加しています !! 


下のバナーをクリックしていただくと他の高知市情報がご覧になれます 
 
応援して頂けると ↓ 励みになります  (=^ェ^=)ノ      ↓  一日一回 ポチッ!!と お願いしマス (=^ェ^=)ノ 
      
          ← クリック !!   人気ブログランキングへ   ← クリック  !!






竹林寺(ちくりんじ)は、高知県高知市五台山にある真言宗智山派の寺院。山号は五台山(ごだいさん)。院号は金色院(こんじきいん)。本尊は文殊菩薩。

切戸文殊、安倍文殊とともに日本三文殊の一つに数えられる。四国八十八箇所霊場第三十一番札所。四国八十八箇所のうち文殊菩薩を本尊とするのは本寺だけである。





寺伝によれば、神亀元年(724年)に聖武天皇が唐の五台山で文殊菩薩に拝する夢を見た。天皇は行基に五台山に似た山を捜すように命じたところ、この地が霊地であると感得し栴檀の木に文殊菩薩像を刻み、山上に堂宇を建立して安置したという。その後、大同年間(806 - 810年)に空海(弘法大師)が滞在、修行し堂塔を修復したと伝えられる。





少し石段を上がって山門の手前を右に進むと右側に鐘楼・宝物館があり、左側に虚空蔵菩薩堂があり、その先正面に納経所があり、見学のできる客殿と庭園の入口がある。戻って山門をくぐり参道を進み石段を上り詰めると眼前の高台に五重塔が聳え、左手に大師堂があり、右に進むと本堂が建つ。本堂の手前を左に奥まで進むと奥の院とされている船岡堂があり、その途中の周辺に子安地蔵、稲荷社、粟島明神祠がある。本堂の右手を奥に進むと歓喜天堂があり、大師堂の右裏手に、一言地蔵がある。








スポンサーサイト

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/12/04(金) 20:38)

<<浜心うどんで・・・・ | ホーム | 高須のコスモス畑   ボチボチ 終わりですね~>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mnm35661.blog6.fc2.com/tb.php/3521-2c6309c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 仁淀川酔滸伝 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア