仁淀川酔滸伝
   仁淀川を中心に夜な夜な宴会を繰り広げているキャンプ中毒?集団の隊長の日記だニャ~
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いっけん

  • Author:いっけん
  • 中学生の頃に オレンジ色の三角テントでキャンプを体験し野外生活の素晴らしさに目覚め、いまだに一年中 仁淀川を中心にキャンプや釣りや色々と面白い事を楽しんでいる おやぢ です

    気の合った仲間と一緒にワイワイ言いながら美味い物を食べたり旨い酒を飲んで、キャンプをするのが大好き

    食べ物は特に麺類が好きで、一日一回麺類を食べなければ何か、損をしたように感じてしまう麺類依存症候群の症状が出てからはや30数年・・・・・・・・

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問履歴

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

 にこ淵  




ブログランキングに参加しています !! 


下のバナーをクリックしていただくと他の高知市情報がご覧になれます 
 
応援して頂けると ↓ 励みになります  (=^ェ^=)ノ      ↓  一日一回 ポチッ!!と お願いしマス (=^ェ^=)ノ 
      
          ← クリック !!   人気ブログランキングへ   ← クリック  !!




仁淀ブルーと言う名を聞いたことがあるだろうか。
愛媛県の石鎚山から高知県へ流れる仁淀川は日本屈指の透明度を誇り、その独特な青い水の色から「仁淀ブルー」と称される。
その仁淀川水系の源流部の一つ、高知県いの町の程野地区には、そのブルーの水を集めた「にこ淵」と言う神秘的な滝壺がある。
かなりの山奥で観光地のように整備もされていないが、少しだけ自然の中を冒険して神秘的なブルーを探してみて欲しい。








このキラキラした水は下流で仁淀川に合流し、高知県から土佐湾へと流れる。
高知県の清流と言えば四万十川が有名だが、仁淀川もNHKの特番で「青の神秘」として紹介され、日本屈指の清流として注目されつつある。
その源流部の一つである「にこ淵」には、仁淀ブルーを生み出す素となるものがたたえられている。


また、「にこ淵」の上流には程野の滝と呼ばれる大きな滝が落ちている。
4つの滝が並ぶように落ちているのだが、その中でも東滝は道路沿いから展望台があるのでにこ淵とセットで訪れてみたい。
東滝は落差60m以上。神秘的な滝壺を堪能した後には、スケールの大きな滝を体感して、この地方の豊かな自然を十二分に楽しんでみて欲しい。


スポンサーサイト

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/10/30(金) 21:04)

<<サンヒルズ   モーニングセットB  ドリンクバー付きで¥630!! | ホーム | 自由軒  出来地店  醤油ラーメン  ¥570>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mnm35661.blog6.fc2.com/tb.php/3510-7aa0a533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 仁淀川酔滸伝 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア