仁淀川酔滸伝
   仁淀川を中心に夜な夜な宴会を繰り広げているキャンプ中毒?集団の隊長の日記だニャ~
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いっけん

  • Author:いっけん
  • 中学生の頃に オレンジ色の三角テントでキャンプを体験し野外生活の素晴らしさに目覚め、いまだに一年中 仁淀川を中心にキャンプや釣りや色々と面白い事を楽しんでいる おやぢ です

    気の合った仲間と一緒にワイワイ言いながら美味い物を食べたり旨い酒を飲んで、キャンプをするのが大好き

    食べ物は特に麺類が好きで、一日一回麺類を食べなければ何か、損をしたように感じてしまう麺類依存症候群の症状が出てからはや30数年・・・・・・・・

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問履歴

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 天下一品 コッテリ並 ニンニク入り
ブログランキングに参加しています 

下のバナーをクリックしていただくと他の高知市情報がご覧になれます  
応援して頂けると ↓ 励みになります (=^ェ^=)ノ ↓  一日一回ポッチとお願いしマス (=^ェ^=)ノ 

      
          ← クリック !!   人気ブログランキングへ   ← クリック  !!        





創業者は木村勉であり、勤務していた電機関係の企業が倒産する憂き目に遭った木村が、1971年に銀閣寺周辺[1]で開いた屋台がその発祥。木村の所持金は37000円と言う窮状からの出発であった



当初の売り上げは芳しくなかったが[3]、ある石材店の社長からの厚意で、その店舗の敷地の一部に屋台を固定[4]。さらに、屋台仲間からスープを教わるなど、研究を重ねることによって独特のスープを完成させた。この屋台で提供していたラーメンは京都で「こってり系ラーメン」と呼ばれ、同地では珍しくない鶏ガラ白湯ラーメンだった。



1975年8月に初の店舗を構える。2012年現在では滋賀県に自社工場を持ち、日本全国に店舗を拡げ、海外では米国ハワイ州の州都ホノルルに1店舗がある。2013年2月[5]時点で、店舗数は230である。

北白川総本店とも称される本店は、京都市左京区一乗寺に所在し、43席の店舗で1日1000食を売り上げると言う


スポンサーサイト

ラーメン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/01/16(金) 16:03)

<<レストラン サンヒルズ じゅーしーハンバーグとステーキセット  ¥1380 | ホーム | らーめん亭  らーめんセット  ¥800>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mnm35661.blog6.fc2.com/tb.php/3363-d3bc05a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 仁淀川酔滸伝 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。