仁淀川酔滸伝
   仁淀川を中心に夜な夜な宴会を繰り広げているキャンプ中毒?集団の隊長の日記だニャ~
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いっけん

  • Author:いっけん
  • 中学生の頃に オレンジ色の三角テントでキャンプを体験し野外生活の素晴らしさに目覚め、いまだに一年中 仁淀川を中心にキャンプや釣りや色々と面白い事を楽しんでいる おやぢ です

    気の合った仲間と一緒にワイワイ言いながら美味い物を食べたり旨い酒を飲んで、キャンプをするのが大好き

    食べ物は特に麺類が好きで、一日一回麺類を食べなければ何か、損をしたように感じてしまう麺類依存症候群の症状が出てからはや30数年・・・・・・・・

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問履歴

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 とさの家  チャーシュー麺  横浜家系ラーメン
20140924 120128

ブログランキングに参加しています 
下のバナーをクリックしていただくと他の高知市情報がご覧になれます  
応援して頂けると ↓ 励みになります (=^ェ^=)ノ ↓  一日一回ポッチとお願いしマス (=^ェ^=)ノ
 
      
          ←クリック ! 人気ブログランキングへ  ←クリック !

家系ラーメン(いえけいラーメン)は、1974年以降に登場した日本神奈川県横浜市磯子区・西区発祥の豚骨醤油ベースで太いストレート麺を特徴とするラーメン及びそのラーメン店群である。ラーメン店「吉村家」を源流とする。定義は曖昧であり諸説がある。これより前から存在する横浜市中区ルーツのラーメンとは異なる。    wikiより



元々屋号に「〜家」とついているところが多かったところから、家系と呼ばれるようになった。店名の「家」は「や」と発音する[1]が、「家系」は「いえけい」と発音する。
豚骨や鶏ガラから取ったダシに醤油のタレを混ぜ、鶏油を浮かべた「豚骨醤油ベース」のスープ、コシのある太麺と、ほうれん草、チャーシュー、海苔のトッピングで構成される家系ラーメン[2]を出す店は、国内とアジアを中心に約1000店舗あるとされる[3]。そのうち、横浜市内には、約150店舗あるという[4]。
家系ラーメン店では、客の要望に応じて、醤油味の濃さ、スープの脂の量、麺のゆで加減を調整して作るサービスや、卓上の調味料(おろしにんにく、豆板醤、ショウガ、ごま、胡椒、酢など)を客が自由に使えるサービスが行われていることが多い。
なお、吉村家又はその系列の店で修行したことを「家系」の絶対条件とし、味が似ていてもそれ以外は亜流とする意見もある。

20140926 120057

関東地方を中心に展開していたラーメンショップの出身者[5]の吉村実が1974年に横浜市磯子区・新杉田駅近くに開店[6]した吉村家が起源とされている。産業道路に面し、石川播磨重工業(現・IHI)を始めとする工場密集地帯の立地から、工場労働者やトラック運転手など間で評判になっていったという[7]吉村はその後1974年に、本牧家を開業。本牧家で修行をし、店長を務めていた神藤隆が独立し、1988年、東白楽駅近くに六角家を開業する。他の弟子たちも本牧家を辞め、怒った吉村は本牧家を一時営業中止し新聞沙汰にもなった。その後、六角家は、1994年3月の新横浜ラーメン博物館のグランドオープンから2003年5月まで地元代表のラーメンとして出展した[8]。また、本牧家・六角家にいた近藤健一が関わった横濱家などが横浜市北部でチェーン展開した。

20140926 115950

太いストレート麺。モチモチとした独特の触感を持つ。他の中華麺より短く、コシがありスープによく絡む[9]。家系ラーメン店では製麺所の名が入った麺箱が店頭や店内に積まれることが多く、そこからどこの製麺所の麺を使用しているかを知ることができる。



スポンサーサイト

ラーメン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/16(木) 17:30)

<<祝!! はなまるうどん 日の出店  新築開店 おめでとうございます(*^^*) | ホーム | サンヒルズ  オムハンバーグカレー  ¥850ドリンクバー付き!!>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mnm35661.blog6.fc2.com/tb.php/3296-9217a11a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 仁淀川酔滸伝 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。