仁淀川酔滸伝
   仁淀川を中心に夜な夜な宴会を繰り広げているキャンプ中毒?集団の隊長の日記だニャ~
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いっけん

  • Author:いっけん
  • 中学生の頃に オレンジ色の三角テントでキャンプを体験し野外生活の素晴らしさに目覚め、いまだに一年中 仁淀川を中心にキャンプや釣りや色々と面白い事を楽しんでいる おやぢ です

    気の合った仲間と一緒にワイワイ言いながら美味い物を食べたり旨い酒を飲んで、キャンプをするのが大好き

    食べ物は特に麺類が好きで、一日一回麺類を食べなければ何か、損をしたように感じてしまう麺類依存症候群の症状が出てからはや30数年・・・・・・・・

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問履歴

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

 三宝山  廃墟


ブログランキングに参加しています 
下のバナーをクリックしていただくと他の高知市情報がご覧になれます  
応援して頂けると ↓ 励みになります (=^ェ^=)ノ ↓  一日一回ポッチとお願いしマス (=^ェ^=)ノ
 
      
         人気ブログランキングへ  ←クリック !   ←クリック !




龍河洞スカイライン
運営は「株式会社龍河洞スカイライン」(1970年2月設立)で、当初の資本金は1億円で、野市町、龍河洞保存会、東部自動車学校、高知新聞社で7000万円出資、残りを一般募集したという。
三宝山頂上には、展望台、300台収容の駐車場、遊覧施設(三宝スカイパーク)と食堂(三宝山スカイレスト)、海外古美術展示のスペインの古城をコピーした、一見ラブホテルのように見える施設(シャトー・三宝)がつくられた。

余談だが、ここの遊園地のジェットコースターは二人乗りで怖かった(^_^;

はじめから暗雲が…
ところが完成直後の10月に第一次石油危機が発生。会社ははじめから躓く。
「野市町史」からそのときの様子を引こう。





当初は県下最大の観光地龍河洞関連施設で、観光土佐の面目を一新するものとしてその発展が期待されたが、
開通年はあたかも3度にわたる原油値上げ発表と生産削減で世界的なオイルショックに際会し、
自家用自動車遠出自粛による利用客の激減があった。また以後における県道野市――龍河洞線の整備や、
南国バイパス開通にともなう県道への進入路改善等による交通事情の急速な好転、
あるいは龍河洞に至るまでのライン周辺の観光資源の貧弱、
まち三宝山上の遊覧施設にいま一つ魅力に賭ける点等が指摘されると思われるが、
その運営業態は当初期待を満足させる結果には至っていないようである。
右のように当初の経営不振が原因して北村社長退陣のあと、
福田義郎(昭和48・10・27就任)・佐々木郁夫(昭和55・5・15同)・掛水俊彦(昭和59・6同)と
高知新聞社関係から派遣された社長が歴任し、事業が継続されている。






スポンサーサイト

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2014/03/25(火) 20:37)

<<浜心うどん  かけうどん大 | ホーム | すき家  牛丼大汁ダク  ¥380>>

コメント
  双眼鏡
双眼鏡は使い物にはなりませんでした
(;`O´)oダメーーー!!
URL | タメやん さん( ノ゚Д゚)こんばんわ~ #- | 2014/03/27(木) 21:23 [ 編集 ]

 
望遠鏡で只見は出来ましたかな?
URL | タメやん #- | 2014/03/27(木) 21:00 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mnm35661.blog6.fc2.com/tb.php/3046-61757ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 仁淀川酔滸伝 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア