仁淀川酔滸伝
   仁淀川を中心に夜な夜な宴会を繰り広げているキャンプ中毒?集団の隊長の日記だニャ~
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いっけん

  • Author:いっけん
  • 中学生の頃に オレンジ色の三角テントでキャンプを体験し野外生活の素晴らしさに目覚め、いまだに一年中 仁淀川を中心にキャンプや釣りや色々と面白い事を楽しんでいる おやぢ です

    気の合った仲間と一緒にワイワイ言いながら美味い物を食べたり旨い酒を飲んで、キャンプをするのが大好き

    食べ物は特に麺類が好きで、一日一回麺類を食べなければ何か、損をしたように感じてしまう麺類依存症候群の症状が出てからはや30数年・・・・・・・・

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問履歴

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

 すき家  牛丼大汁ダク  ¥380



きょうはコレだよ    (=^ェ^=)ノ


ブログランキングに参加しています 
下のバナーをクリックしていただくと他の高知市情報がご覧になれます  
応援して頂けると ↓ 励みになります (=^ェ^=)ノ ↓  一日一回ポッチとお願いしマス (=^ェ^=)ノ
 
      
         人気ブログランキングへ  ←クリック !   ←クリック !

1982年7月に開店した弁当店「ランチボックス生麦店」をルーツとして、
同年11月に牛丼業態のビルイン型店舗1号店「すき家生麦駅前店」を開店した。
「すき家」の名前は「すき焼き」が由来のひとつであり、実際に創業初期の1983年には
「すき焼ディナーセット」といったメニューも扱っていたという。

社長の小川賢太郎は牛丼チェーン吉野家に1978年から1982年まで在籍していたが、
近年まで「公式にはそのような話はない」と否定してきた。

駅前や繁華街の省スペースに店を構える従来の牛丼店に比べると、車での利用客を想定した
郊外の幹線道路沿いなどに立地する郊外型店舗を展開の主軸としている。
またカウンター席だけでなく、テーブル席を設けるなど、従来の個人客を中心にした
スタンダードな牛丼店のスタイルに比べ、ファミリーレストランのような
家族連れの客を想定した形態になっている。
2000年代以降はドライブスルーの設置や、
ショッピングセンターのフードコート内への出店に積極的である。

全店舗が直営で、フランチャイズは一切ない。

最大の特徴は、牛丼の上に各種トッピングが可能な点であり、さらにカレーライスや各種丼ものなどが存在するなど、
多くのメニューを取り揃えている。

店舗ごとの連絡先は非公開で、レシートに書かれている電話番号は本社お客様相談室のもののみである。
従業員募集の求人応募も集中受付センターのみ。

スポンサーサイト

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/03/25(火) 20:04)

<<三宝山  廃墟 | ホーム | 來來亭高知店  醤油ラーメンネギ背脂多め チャーハンセット>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mnm35661.blog6.fc2.com/tb.php/3045-37f2b371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 仁淀川酔滸伝 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア