仁淀川酔滸伝
   仁淀川を中心に夜な夜な宴会を繰り広げているキャンプ中毒?集団の隊長の日記だニャ~
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いっけん

  • Author:いっけん
  • 中学生の頃に オレンジ色の三角テントでキャンプを体験し野外生活の素晴らしさに目覚め、いまだに一年中 仁淀川を中心にキャンプや釣りや色々と面白い事を楽しんでいる おやぢ です

    気の合った仲間と一緒にワイワイ言いながら美味い物を食べたり旨い酒を飲んで、キャンプをするのが大好き

    食べ物は特に麺類が好きで、一日一回麺類を食べなければ何か、損をしたように感じてしまう麺類依存症候群の症状が出てからはや30数年・・・・・・・・

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問履歴

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

 アメリカ海軍台風進路予想


アメリカ海軍の発表した11号台風の進路予想です。

この台風が恵の雨を降らしてくれれば良いのですが・・・・・

先回の7号台風では進路予想がピタリと当たっていました。

台風の被害が無く雨だけ降らす雨台風でありますように・・・・早明浦の上流に雨を・・・・



人気blogランキング!!おかげさまで今のランクは・・?  



仁淀川酔滸伝BBS掲示板!キャンプ伝言板!! 

 


香川県内では一部の市や町が夜間断水に踏み切る方針ですが県内のうどん屋さんではあの手この手でこの非常事態を乗り切ろうと取り組みを進めています。
平成6年の大渇水。
日中の断水でやむなく一時休業に追い込まれるうどん屋さんが多く出ました。
断水の可能性が再び高まる中で県内のうどん屋さんは様々な取り組みを行っています。
高松市中心部にある「五右衛門」は夕方6時から午前3時までが営業です。
このため、夜間断水の影響は避けられませんが何とか営業を続けられるようポリタンクを準備しました。
ところで、このお店では開店以来、節水を心がけたある工夫を続けています。
それがこの氷です。
ゆであがったうどんを冷やすために使いますが、氷水を使えば水道の水を出しっぱなしにする必要がありません。
水の使用量を半分程度にまで押さえられるだけでなく「きゅっ」としまったこしのあるうどんに仕上がります。
一方、高松市新田町の「うどんこ丸」ではお店を開店するときに敷地内に井戸を掘りました。
冷えた井戸水はうどんの生地やだしを作るだけでなく飲み水としても好評でお店で使う全ての水をまかなえるそうです。
一方、あさってからの夜間断水を予定している香南町のうどん屋さん「秀」でも準備は整っています。
うどんを冷やしたり夏場に人気の「冷やしうどん」に欠かせない氷は夜に準備していましたが現在は昼間のうちに
たくさん作り置きするよう努めています。
また、すでに井戸水を確保、ポリタンクで毎日汲んでくる事で日中の断水にも対応出来ます。
11年前の渇水を高松市内で経験したご主人は
「おいしいうどんが出せないなら休業もやむなし」と心を決めていました。
しかし、今回は奥さんの努力もあって新鮮な水の確保に目処が付き、意気込みを新たにしています。
このまま厳しい状況が続けば「休業せざるを得ない」と話すお店もあります。
「うどんブーム」ではなく早明浦ダムの方に「水をさして」欲しいものです。

(引用)

スポンサーサイト

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2005/08/20(土) 11:45)

<<キャンプしてきましたよ~~~~ん | ホーム | アメリカ海軍台風進路予想>>

コメント
  こちらこそはじめまして
以前キャノンのEOSが発売された時に
とびつきで購入してしばらく遊んでました。
小さなデジカメを持つようになり一眼は
暫くさわっていませんでしたが
レンズが使えそうなので
EOSデジを購入を検討中です。
また、宜しくお願いします。

URL | いっけん #- | 2005/08/20(土) 13:16 [ 編集 ]

  雨降ればいいですね
はじめましたて。
水不足で困ってる四国の方々の為にも雨降って欲しいですね。
綺麗な写真をお撮りになっていますね
又遊びに来ます。

URL | こてやま君 #R1y00GSs | 2005/08/20(土) 13:07 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mnm35661.blog6.fc2.com/tb.php/1722-e39ed0dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 仁淀川酔滸伝 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア