FC2ブログ


   仁淀川酔滸伝
   仁淀川を中心に夜な夜な宴会を繰り広げているキャンプ中毒?集団の隊長の日記だニャ~
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いっけん

  • Author:いっけん
  • 中学生の頃に オレンジ色の三角テントでキャンプを体験し野外生活の素晴らしさに目覚め、いまだに一年中 仁淀川を中心にキャンプや釣りや色々と面白い事を楽しんでいる おやぢ です

    気の合った仲間と一緒にワイワイ言いながら美味い物を食べたり旨い酒を飲んで、キャンプをするのが大好き

    食べ物は特に麺類が好きで、一日一回麺類を食べなければ何か、損をしたように感じてしまう麺類依存症候群の症状が出てからはや30数年・・・・・・・・

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問履歴

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

 麺処やすきや  閉店









麺処やすきや さん

まさかの閉店!!

残念!!







18519988_307758149647414_621746441559052156_n[1]







下のバナーをクリックしていただくと他の高知市情報がご覧になれます 応援して頂けると 

    ↓ 励みになります                   ↓  一日一回 ポチッ!!と お願いしマス

人気ブログランキングへ   ← クリック  !!         ← クリック !!













スポンサーサイト



うどん | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2020/05/30(土) 22:38)

 たも屋 春野店 いも天うどん















下のバナーをクリックしていただくと他の高知市情報がご覧になれます 応援して頂けると 

    ↓ 励みになります                   ↓  一日一回 ポチッ!!と お願いしマス

人気ブログランキングへ   ← クリック  !!         ← クリック !!





(2005/12/10(土) に、高知県で 初めてできた本場讃岐セルフうどん たも屋春野店

もう15年になるんですね・・・・・・

それまで、讃岐うどん屋巡りをしていた私は、はまってしまい

毎日のように通っていました

今では県内5店舗

大きくなりました    頑張れ   たも屋!!!!!



































 たも屋春野店

 高知県高知市春野町弘岡下3454  電話 088-894-5131



























うどん | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2020/05/16(土) 21:23)

 ちゃんぽん亭総本家 高知店















下のバナーをクリックしていただくと他の高知市情報がご覧になれます 応援して頂けると 

    ↓ 励みになります                   ↓  一日一回 ポチッ!!と お願いしマス

人気ブログランキングへ   ← クリック  !!         ← クリック !!








■店舗概要

店名:ちゃんぽん亭総本家 高知店 営業時間:午前11時~午後23時

所在地:高知県高知市杉井流15-21 開店日:2016年6月29日(水)午前11時

席数:52席(カウンター、テーブル)駐車場:23台










近江ちゃんぽんは、まろやかであっさり、滋味深く優しいスープがウリです。

独自配合の厳選された魚節や昆布を使い、

店内で丁寧に炊き出した「究極の黄金だし」に特製のかえしを入れてさらに炊き出します。

注文が入ってから国産の生野菜や豚肉を加え手鍋でじっくり煮込むことで、

一つ一つのスープに旨みを凝縮させています。麺にもこだわり、

小麦の風味にこだわった「特製自家製麺」を使用。厳しい衛生基準をクリアした自社製麺工房にて、

熟練の職人が毎日製造し店舗へ直送しています。


















ラーメン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2020/05/06(水) 21:02)

 筑豊ラーメン山小屋 昭和(むかし)ラーメン

















下のバナーをクリックしていただくと他の高知市情報がご覧になれます 応援して頂けると 

    ↓ 励みになります                   ↓  一日一回 ポチッ!!と お願いしマス

人気ブログランキングへ   ← クリック  !!         ← クリック !!






トラック運転手からラーメン屋へ

筑豊ラーメン山小屋の創業者である緒方正年の父母は、中国満州から引き上げた後、
本場さながらのぎょうざ店を経営 これが大繁盛し家族総出で切り盛りしていました。
正年もまた幼少の頃から忙しい店を手伝う毎日を送っていました、
そんな経験から大変な飲食業とは無縁の職に就こうと決心し、
はじめはトラック運転手となり、仕事で全国各地を巡る中、
正年は大好きなラーメン店巡りを楽しみにしていました。
しかし、どこのお店に行っても自身が納得のいくラーメンに出会うことはありませんでした

そこで「自分で作ってやろう」と一念発起、
昭和44年(22歳の時)ラーメン店開業を一大決意しました。
手作りからのスタート
どこか懐かしく、他にはない味を作りたい!自己流で勉強をはじめ、
学校の廃材などを集め手作りの店を開店させ「山小屋」と名付けました。
しかし、肝心のラーメンは思うような味が出せないという毎日を送っていました。
そんな時救ってくれたのは常連のお客様でした。
ラーメンに関する助言や評判のお店を教えてもらい
日々研究を重ねました、
時には繁盛店のごみ箱を覗き食材や調味料を調べることも・・
それから3年 ついに正年が追い求めた味が完成
少しづつ改良も重ねついに現在の「筑豊ラーメン」が完成しました。
小さな広告が運命を変えた
時が経ちお客様も増え順調に営業をしていた頃、スポーツ紙の営業マンが来店し、「小さい枠で構わないので広告を掲載して欲しい」と頼まれるようになります。
丁度その頃、山小屋のFC展開について考えていたので、
試しにFC募集広告を載せたところ問合せが殺到。
これがきっかけとなり、平成4年10月FC本部を開設。
FC本部開設からすぐに9店舗を開店することとなりました。
今では製造工場も併設、
日本100店舗以上 海外に40店舗以上を構えるブランドとして成長しました。


















[筑豊ラーメン山小屋 昭和(むかし)ラーメン]の続きを読む
ラーメン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2020/05/04(月) 22:28)

copyright © 2005 仁淀川酔滸伝 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア